日本酒は温度で味が変化する

日本酒は温度で味が変化する

日本酒を飲む時というのは、基本的には、そのまま飲むか、もしくは、その時の気分によって、冷やしたり、また熱燗にしたりします。お店で頼む時はもちろんのこと、家で飲む時も、こうしたことが一般的なお酒の飲み方です。熱い時はお冷にして飲んで、寒い時には熱燗にして飲みます。

 

しかし、日本酒の専門店はそれだけではなくて、お酒の温度にもこだわりがあるとのことです。実は、温度によって味わいや香りが異なるというのがお酒で、これをうまく調節することで、味が変えられます。なので、細かく温度は分けられていて、熱燗、ぬる感、常温、冷というようなことになっています。いろいろな温度に分けられるのですが、常温の場合は、日向燗は30度、人肌燗は35度、そして、ぬる燗は40度前後、上燗は45度くらい、熱燗も分けられていて50度にもなります。さらに飛切燗というものもあって、これは55度くらいになっています。

 

そして、冷は20度前後のものをいい、5度前後の雪冷えや10度前後の花冷え、15度前後の涼冷えというものがあります。本当に細かく分かれていますが、こうしたこだわりがあり、それぞれにおいしい温度があるとのことです。