濃醇の魅力

濃醇の魅力

お酒というと、濃醇の甘口、辛口であると言う人がいます。どちらかというと、濃醇な日本酒というと淡麗辛口を思い浮かべる人が多く、こっちの方が、代表的なものであるということが言われています。しかし、豊潤な味わいのあるお酒の方が、中華や洋食なんかの料理には良く合いますし、また、癖のあるような料理にも良く合います。少しすっきりとし過ぎているのが淡麗ですが、ワインの代わりというと、そこが難点であるかもしれません。

 

フルーティーでデザートにも良く合うようなお酒というのが、多くの人に好まれそうな感じがするのですが、和食を食べる時には、きりっとしたお酒よりも、こうしたお酒を飲むのもいいですね。いろいろな料理が食べられるので、それに合わせて好きな日本酒を飲むことができるのですが、その時の気分などで、柔軟に飲むお酒を選んでいきたいものです。

 

こういう風に自由にお酒を選んでいると日本酒は淡麗だけではないということに気が付く人が多くなると思うのですが、濃醇の豊かで奥行きのある味わいのとりこになるという人も、多くなるかもしれません。