日本の酒どころ2

日本の酒どころ2

広島の西条といえば、日本酒造りに適した土地柄で有名です。標高250メートルから300メートルの盆地、そして純粋で美味しい水、気候条件といい、まさに酒どころと呼ぶにふさわしいです。日本三大酒どころと言われている割に、伏見や灘ほどの知名度はありませんが、この広島の西条もぜひチェックしていただきたい銘酒が沢山あります。この土地でお酒造りが始まったのは、17世紀くらいのことですがいまでは吟醸酒など、独自の製法を開発しました。西条は井戸から汲み上げた名水を仕込みとして使っている事から、そのクリアな味わいがうまれます。

 

西条には十の蔵元があり、それぞれの伝統の技や製造法によって、それぞれの伝統の酒造りが継承されています。京都や兵庫だけではなく、すこし足を伸ばして広島までやってきたら、この西条で極上のお酒を飲むことができるでしょう。また、西条は自然環境を守る取り組みにも積極的です。街の自然はお酒の美味しさにかかわってきますので重要なのです。