日本の酒どころ3

日本の酒どころ3

灘は日本一の酒どころともいわれます。灘五郷、つまり今津郷、西宮郷、そして魚崎郷、御影郷、西郷など酒どころが並びます。なぜこの土地が酒どころなのかというと、当然のことですが、キレイな水が豊富にあるからです。

 

この水源は、当然六甲山です。水がキレイであるからこそ、酒造りもできるということ、そしてこの六甲系の水を守るための取り組みもしています。神戸の重要な産業の一つである酒づくりをこれからも継承していくために、環境や水、井戸を大事にしています。定期的に地下水の調査もしているとのこと。そして蔵元が軒を連ねるこの土地は、競争も激しいですから、よりよいものを、そして伝統の味から新しい味わいまで貪欲にお酒の開発がされています。

 

すっきりとした後味でくせのない味わいで有名な灘ですが、より個性やオリジナル感のある新しい酒造りもされています。ぜひ神戸にいったら灘に立ち寄りたいものですね。できれば五郷すべてをまわれば、あなたもすっかり灘通です。