中華にもお酒を合わせて新しい発見を

中華にもお酒を合わせて新しい発見を

紹興酒しか中華料理には合わずに、それしか飲んではいけないということはありません。油が一杯な中華料理にも、日本酒の熟酒を組み合わせてみるというのも、良いですね。甘めお濃厚なお酒で、中華料理を食べるというのも、少し以外ですが、しかし、これもまたおいしくお酒を飲めます。中国茶も飲んでさっぱりとしながら料理を食べていくと、よりいいですね。そもそも紹興酒は甘いものであるので、お酒も甘口のものがいいようです。こってりとした料理には、熟成した味の日本酒だと、ぴったりです。

 

さらに、他の海外の料理でも、しっかりとその料理に合うお酒を選ぶと、思った以上にそれが合い、美味しくお酒と料理が楽しめます。なので、日本酒は和食だけという事もないですね。酒屋にはいろいろなお酒があり、さらに、新しいお酒も常に入荷してくるので、そうしたお酒と、色々な料理を組み合わせてみたり、また普段は、あまり飲まないようなお酒も、少し興味を持って、飲んでみることで、新しい魅力が発見できて、今まで以上にお酒の世界も広がっていくかもしれません。

 

岡山のフットサルコートならモミジヤスポーツ