灘のお酒は

灘のお酒は

灘五郷といわれる今津郷、西宮郷、魚崎郷、御影郷、西郷は、酒どころですが、まさに灘は日本一の酒どころともいえます。灘のお酒は、くせがなくすっきりとした後味ですが、オリジナルのお酒も造られていて、個性的なものも多いです。神戸に行くと、灘でお酒を飲みたいものですね。

 

どうして灘は、これだけ優れたお酒が造られているのかというと、それは豊富な水がある為です。この水によってお酒が作られるからこそ、おいしいお酒が造られているのですが、この水は六甲山の水です。この六甲山の水がキレイな為に、美味しいお酒がつくられるのですが、このお水を守るために、いろいろな取り組みもされています。

 

やはり、お酒づくりというものは、神戸の大きな産業の一つであるとのことで、お酒づくりには欠かせない水、井戸というものを大事にしています。この水質を保つために、地下水の調査もしているそうですが、いくつもの蔵元がある為に、競争も激しく、常に新しいおさけが開発されていて、新しい味が作られています。もちろん、古くからある、伝統の味も守られています。