日本酒、世界のSAKI

ひやおろしって何?

ひやおろしとは、冷卸とも書き、春先に造られた新酒に加熱処理をして、夏の間、酒蔵のなかで寝かせ、熟成させたものを秋口に気温が下がってから冬にかけて瓶詰めして出荷したものです。秋口にまろやかな味わいを堪能できることから、秋の季節酒とも呼ばれます。お酒の味わいがよりまろやかになる加工法です。

 

日本酒は貯蔵、出荷時にも基本的に1度ずつ火を入れるのですが、このひやおろしは、貯蔵するまえに1回火を入れるのみで、出荷前に火を入ることをしませんので、お酒は冷えたまま出荷します。だから、「ひやおろし」と呼んだようです。夏を越してお酒が熟成するので、よりお酒の味わいが深まるんですね。

 

こんなお酒の豆知識を知ると、またお酒の楽しみも増えてくるのではないでしょうか。秋は食べ物も美味しい季節ですから、このひやおろしと一緒に秋の味覚を心ゆくまで味わいましょう。秋は日本酒、ひやおろしを飲んでみましょう。きっと新しい発見があるはずです。