味の特徴、薫酒

味の特徴、薫酒

日本酒の味わいには、四つのカテゴリーがあるといいます。日本酒も、個性や好み、味わいで選ぶ時代ですから、自分にぴったりのお酒をお料理やそのときの気分で選んでもいいですよね。まず、薫酒ですが、明るく、さっぱりとした味わいです。その分、くせがなく苦みや旨味は少ないです。香りは柑橘系、そして果実や花の香りです。食欲をかきたてるしフルーティーな味わいも食前酒にぴったりだと思います。

 

吟醸系、大吟醸などのお酒がこの種類の薫酒に入り、生酒などもこのタイプのお酒が多いです。料理の種類としては、和食、中華、洋食にもあうので、食事を問わず楽しむことができるのもこの薫酒の強みです。なによりも香りが高いので、お酒が苦手、また果実酒ならいいけど、穀物酒は苦手、という人でもぜひ一度試してみていただきたいです。お酒の常識、そしていままでの固定観念が破られるかもしれませんよ。また女性でも比較的飲みやすいお酒ですから、試してみてください。

 

 

>