杜氏とは

杜氏とは

杜氏とは、日本酒の製造を担う日本酒の職人のことです。昔は、こうしたお酒の職人が腕によりをかけてお酒作りをしていたのです。いまではかなり機械化されている酒の製造工程ですが、その技術がうまれたのも、長い年月に渡って杜氏が積み重ねてきた技と経験あってこそです。

 

日本の酒造りは、なんと飛鳥時代に遡り、その頃から朝廷におさめる酒作りをする造酒司という部署があった程です。その後、時代が下ると酒造りは、朝廷から寺院にうつり、僧が中心となって、酒造をするようになりました。そのうちにその系譜に連なる、子孫、親戚と名乗る者達が、民間でも酒を造り出すようになったといいます。それらの者を酒師といい、鎌倉時代、室町時代には、京の都には造り酒屋がみられるようになりました。

 

越前、加賀、伊豆のような地酒もこのころから存在していたようです。地方で、都で酒造りはすでに盛んで、杜氏も地方に散っていたことが分かります。そして、現代の杜氏や蔵人のシステムですが、これは江戸時代以降に確立しました。