日本酒を造る人とは

日本酒を造る人とは

日本酒の職人のことを杜氏と言います。もちろん、日本酒を作る人のことですが、この職人が日本酒を作っていました。現在では、機械化というものがされて、お酒は作られているのですが、しかし、そうなるまでには、長い間、杜氏がお酒を作ってきた中で得た技と技術が生かされていました。

 

そもそも、日本酒作りというのは、一体いつの頃に始まったのかというと、これは飛鳥時代になります。造酒司という部署があり、お酒を朝廷におさめる所もあったそうです。そして、そこからお酒を作るのは寺院が行うようになり、僧侶がお酒造りをするようになっていたとのことです。そして、そうした中で、いろいろとお酒つくりを学んだ人達の子孫などが、民間としてもお酒を造るようになり、現代のように色々な人がお酒を造るようになったそうです。

 

鎌倉時代、室町時代には、京都で造り酒屋というものが出てきたのですが、こういう所で働いて、お酒を造る人達の事を酒師といいます。もちろん、京都以外にも、いろいろな地方でお酒は造られていて、杜氏も、いろんな場所に散っていたことがわかります。加賀、伊豆、越前といったような有名なお酒も、すでにこの頃から造られていました。そして、江戸時代以降に杜氏や蔵人は創られました。