ひやおろしとは

ひやおろしとは

冷卸というものは、冬に瓶詰めして出荷したものですが、これはもともと春先に造られた新酒を冬に出すお酒のことを指します。この新酒を加熱処理した後に、酒蔵のなかで熟成させ、そしてそれを秋から冬にかけて寒くなってきた頃に出すものです。こうすることによって、お酒が非常にまろやかになるのですが、秋の季節酒とも呼ばれていて、秋に飲まれるお酒です。夏を越すして、気温が下がる中で、お酒がより一層、熟成し味わいが深まります。

 

普通のお酒というのは貯蔵、出荷時にそれぞれ火を入れるのですが、しかし、ひやおろしは、貯蔵するまえに1回火を入れるものの、出荷前には火を入れません。こういう風に通常とは異なり、火を一度しか火を入れない為に、普通のお酒と異なり、温かいものとはならずに、お酒を冷えたまま出すので、「ひやおろし」と言います。秋の美味しい食べ物と一緒にひやおろしで、美味しいお酒を飲みたいものです。

 

こうした事を知ると、お酒もより一層楽しめます。こういうことを知り、そして秋にひやおろしを飲むと、きっと新たな発見がありますね。